頭皮湿疹について

書いて字のごとく頭皮の湿疹のことですが、これに悩まされているという人は結構多いもの。頭皮なので他人から直接見えたりはしないのですが、フケとしてでたり本人は痒みなどに悩まされている場合が多いですね。原因は色々あるのですが代表的なものを挙げておきます。

 

脂漏性湿疹

 

顔がべたつきやすい、脂症の人に多いです。髪の生え際のベタつきや赤みなどがある人はこのタイプです。皮脂の分泌が多いところに起こりやすいものです。かゆくて辛いのも特徴です。

 

皮脂欠乏症皮膚炎

 

前述のと逆で、お肌のバリア機能が低下している人のことです。シャンプーなどで頭皮の乾燥が進んでしまうとバリア機能が低下してしまいます。季節によってはそれが酷くなることも。アトピー性皮膚炎や乾燥肌の方はこのタイプです。

 

接触性皮膚炎

 

原因となるものがある場合の湿疹です。身体ではないので金属などが頭皮に触れることはほとんどありませんので、ヘアケア商品が原因となる場合が多いです。

 

アトピー性皮膚炎

 

こちらは接触性皮膚炎と区別することが難しい症状です。その人のアレルゲンによって症状が出ます。特にそのアレルゲンが触れるときに頭皮が乾燥していると症状がより出やすくなります。

頭皮湿疹の治療方法

もちろん症状によって違いがあることは言うまでもありません。が、代表的な治療としては脂漏性皮膚炎のかゆみなどにはステロイドが処方されることが多いです。

 

かゆみが強いので、それを取り去る治療がメインになります。ひとによっては抗菌剤を使うこともあります。乾燥が進んでいる人には保湿剤が出されます。

頭皮湿疹の人が日常気をつけること

刺激の強いシャンプーを使わないことです。フケが出るとついシャンプーの回数を増やしたくなりますがそれは逆効果です。1日一回、もしくは2日に一回で十分です。過度なシャンプーはかえって症状を悪化させてしまいます。整髪料が刺激になっている人もあるかもしれません。過

 

敏な時期は使わないかオーガニックのものを選ぶなどしましょう。帽子やヘルメットをかぶりっぱなし、紫外線にさらされっぱなしなどの頭皮にとって過酷な環境におかないようにしましょう

 

 

>>すこやか地肌 店舗 TOP