脂漏性皮膚炎の概要

脂漏性皮膚炎は脂漏性湿疹とも呼ばれます。主に皮脂腺の多い頭皮や顔のまわり、わきの下・太ももなどに起こりがちです。症状にかかると赤くなって痒みをもたらします。頭に出来た場合には頭皮の皮膚がはがれてしまうこともあり、はがれた皮膚がフケと誤解されやすいことも特徴

 

脂漏性皮膚炎の原因

 

考えられることについてですが、赤ちゃんの場合には皮脂の分泌が多めでさらにはまだ毛穴が充分に発達していない時期のために分泌された皮脂が詰まることで起こすと考えられます。
大人がかかる場合は赤ちゃんとは違いマラセチアと呼ばれる真菌の一種が皮脂が多い環境で異常繁殖することで起こすといわれています。男性のほうがかかる確率は多めです。

 

治療方法について知っておこう

赤ちゃんがかかった場合は治るのも早いですが、大人の場合は慢性化しやすくまた再発しやすいという特徴もあります。

 

医師

ですので大人の場合は医師に相談した上で早めの治療を行うことが第一です。主な治療方法としては外用薬を患部に塗って治すのが一般的となります。

 

外用薬としてはステロイド外用薬や抗真菌薬を使用して塗っていきます。痒みがひどい場合には抗ヒスタミン薬を内服するなどを行って治していきます。通常数日ほどで症状は消えますが、完全に治るまでは抗真菌薬のほうは塗っておいたほうが良い

症状を放置してしまうといっそう湿疹がひどくなり治りにくくなってしまいますので、早いうちの治療は何よりもかかってしまった場合には求められています

再発防止や予防において大事な事

脂漏性皮膚炎は生活の乱れなどで起こる場合が多いです。再発防止のために行うこととしては、まず適切な洗顔と歯磨きを毎日1日2回は行っておき、肌の衛生環境を整えておくと良いです。抗真菌薬が配合された石鹸やシャンプーなどを使用することも効果があります(すこやか地肌など)持続して行うとこれらの方法でかなり症状を出にくくさせることは可能ですので、きちんと行っておくことが望ましいです。

 

食生活においてはビタミンBを多く含む食べ物を摂取しておくと症状がでにくくなります。牛乳やレバー、しじみ、野菜類などが該当します。脂肪分や糖分はあまり多く摂取しないようにすることも大事です。あとは睡眠についてはしっかりとり適度に運動を行っておくことも予防法となります

 

 

>>すこやか地肌 店舗 TOP