産後の頭皮かさぶたの原因

産後の頭皮かさぶた

産後は肌トラブルが起こりやすい状態ですが、頭皮も例外ではありません。頭皮にトラブルが現れるのはホルモンバランスの乱れによるものであり、妊娠中にはプロゲステロンという髪の毛の成長期を長くするホルモンが分泌されるのですが、このホルモンの働きによって皮脂の分泌が促進されます。

 

皮脂の分泌量が増えると

 

刺激に弱くなったり、乾燥肌や敏感肌になることもあります。それまで使っていたシャンプーが使えなくなる人もいますので、産後は頭皮の状態を見ながら適切なケアを行っていかなければなりません。大抵はホルモンバランスが落ち着いてくるにつれ症状も治まってくるものですが、中には長引いてしまう人もいます

 

頭皮のかさぶたを改善するには

頭皮かさぶたを改善するには、頭皮湿疹やフケ、かゆみといった症状に適切にアプローチしなければなりません。頭皮のコンディションを良くするためにもっとも有効なのがシャンプーをかえることです。通常市販されているシャンプーはとても刺激が強いので、バリア機能の弱まっている時にはトラブルの元になります。

 

最近では女性用の育毛シャンプーもたくさん売られていますのでそれらの商品を利用するか、自然由来の成分でできたシャンプーを探します。頭皮に優しいシャンプーを使い始めると、最初は洗浄力が足りないような印象を受けますが、実際にはしっかりと汚れや皮脂を取り除くことができていますので、次第に頭皮かさぶたも落ち着いていくはず

 

>>頭皮に優しいシャンプー「すこやか地肌」

 

シャンプー方法を変えることも大事

シャンプー液を見直すだけでなく、シャンプー方法を変えることも重要です。シャンプーをする前にはお湯で軽く汚れを落とし、洗う時にはぬるま湯で流します。シャンプーやリンスが残っていると頭皮トラブルにつながりますので、最後に丁寧にすすぐことも大切です。また、洗った後は濡れたままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなりますので、ドライヤーでしっかりと根元から乾かします。

 

産後の頭皮をいたわるためには

 

できるだけ皮膚に刺激を与えない工夫が必要です。これらの対策は薄毛や抜け毛に悩む人にも有効です。産後の症状は大半が時間の経過と共に治まるものですので、あまり気に病まずにストレスなく過ごしていくことを心がけたいもの

 

 

>>すこやか地肌 店舗 TOP